記事の詳細

東京都新宿区K様の出会い系体験談

勤め先の上司だった一回り年上の夫と結婚して2年。結婚を契機に夫の意向もあり仕事を辞めて、完全な専業主婦になりました。
今年で30歳になりますが、周囲の女友達は結婚せずにバリバリ働いている人がいたり、もっと早くに結婚して子育てを楽しんでいる人がたくさんいます。そんな友達を見るたび、ずっと毎日を家と買い物先の往復で過ごす日々につまらなさを感じていました。
夫は会社で昇進して仕事も忙しくなり、終電近くで帰ってきて朝も早くに出て行ってしまいます。当然疲れていますので、1年半は夜の営みもありません。子供がいればママ友とかも出来るかもしれませんが、現状ではそれを望むことも難しい状況。
夫は「趣味のサークルとかに入ればいいじゃん」とそっけなく言いますが、なんかもっとやりがいや自分が世の中に必要とされているというのを実感したい気持ちが、心の奥底にありました。

そんな時に、見ていたテレビで出会い系の特集がありました。内容は若者がSNSで危険な出会いをしている…そんな感じです。
実は私は、大学生のころに出会い系を使っていた事があり、ふとあのころのドキドキ感を思い出し、気がつくと出会い系をネットで探してしまいました。もう大人ですから危険な出会いはしたくない。だから色々と調べて、女性からの評価も高く安心して使えそうなPCMAXを選んで登録。
すると、驚くほどたくさんの男性からメールが届きます。中には露骨に体目的の人もいましたが、久々に自分が女としてみてもらえてる感覚に、凄くジンジンとしている自分がいました。

そんな中で、23歳のスポーツインストラクターをやっている男性と話が合い直アドを交換。毎日日中にメールのやり取りをして、あれこれ話を楽しむのですが、夫には知られない秘密を作ったみたいで、物凄く幸せな日々が到来。しかも彼との会話の中でジョギングに興味が出てきたので、一緒にウェアやシューズを買い物に行く約束までしてしまいました。
待ち合わせ当日。目の前に現れたのは引き締まった体の爽やか系を絵に描いたような男性。すっかりたるんだお腹の夫とは大違いです。ウェアを選ぶために、肩とかを触られても、私は一人で興奮し体が熱くなっていきました。そんな気持ちが抑えられず、一緒に食事をして、私のほうからホテルへと誘ってしまいました…。

裸になっても彼の鍛え抜かれた体は素晴らしく、しかも若いだけあってとにかくタフ。こんな年上のオバさんなのに、一人の女性として丁寧にやさしく扱ってくれて、Hの最中に思わず涙を流してしまい、彼に驚かれました。
夫の事は嫌いではないですし、収入にも満足しています。でもそれでも満たされない部分を、出会い系は満たしてくれました!

>>こんな出会いができる優良サイトランキングはココから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る